消費税

消費税

e-Taxサイトで消費税の申告書を作成する手順(2割特例の個人事業者向け、令和5年分)

e-Taxサイトから消費税の申告書(2023年分、令和5年分)を作成する手順を紹介していきます。対象者は「2割特例を使える個人事業主」です。以下の条件を満たした人なら以下の手順通りに進めれば消費税の申告書を作成できます。 本来は消費税を納税...
消費税

請求書をつくるとき、税込金額を本体と消費税に分解する方法

インボイス制度の開始により、領収書や請求書を作るときは、消費税額を明記する必要があります。 税込金額が先に決まっている場合、どのように本体価格と消費税額に分解すれば良いのでしょうか。 消費税率10%なら税込金額を1.1で割る 消費税率10%...
消費税

立替経費の実費精算を行うときの立替金精算書の書き方

フリーランスが立替払いした経費を実費精算する請求書の書き方です。 立替金精算書の書き方は、原則として取引先の指示に従ってください。取引先の会計処理の方法によって、立替金精算書の書式や内容が変わってきます。 取引先から具体的な指示がなければ、...
消費税

2023年10月以降にインボイスの登録手続きを行う方法

インボイスの発行事業者になるために登録手続きは、いつでも好きなタイミングで行えます。現在は免税事業者でインボイスの登録を行うか迷っている場合、どうしても登録が必要になったときに手続きを行うという方法もあります。 申請日と登録日にはタイムラグ...
消費税

インボイスの2割特例とは? 免税事業者が受けられる税額軽減措置

インボイスの2割特例とは、免税事業者(売上1000万円以下)がインボイス登録をきっかけに課税事業者になった場合、消費税の納税額を軽減してくれる制度です。 期間は限定されている。個人事業主の場合は2026年まで 売上に含まれる消費税の2割を納...
基礎知識

インボイス登録したフリーランスが免税事業者に戻る手続き

インボイス登録をすると消費税の課税事業者となり、消費税の申告・納税の義務が生じます。たとえ、売上が10万円しかなかったとしても、インボイス登録している間は消費税の申告・納税はしなければなりません。 売上が少ないため免税事業者に戻りたい場合、...
基礎知識

フリーランスがインボイス登録するかどうかを判断するときに考えるべきこと

2023年10月からインボイス制度が始まります。10月のスタート時点からインボイス登録事業者となるには、9月30日までに登録の届出書を税務署に出す必要があります。 この記事では、9月30日までに届出書を出すべきか判断するための材料を提供しま...
基礎知識

フリーランスがインボイス制度にどう対応するか? その判断基準を整理しました

インボイス制度とは? なぜ対応が必要なのか? 2023年10月から始まる制度(正式には「適格請求書保存方式」と言う)。消費税の税額計算の方法が大きく変わる。 インボイス(適格請求書)とは、法律で定められた事項を記載した請求書や領収書のこと。...
基礎知識

フリーランスがインボイス制度に対応するための手続き

2023年10月から消費税のインボイス制度が開始されます。登録番号を取得してインボイスを発行するには手続きが必要です。期限までに手続きしないとインボイスを発行できず、大事な取引先を失ってしまうかもしれません。 ここでは、フリーランス=個人事...
基礎知識

インボイス制度が始まると零細フリーランスはどうなる? -インボイス制度の免税事業者への影響とは

2023年10月から消費税のインボイス制度が開始されます。これまで売上が1000万円以下のフリーランスは消費税が免税でしたが、インボイス制度が導入されると売上が小さなフリーランスでも消費税の納税が必要になる可能性があります。 実際にはどのよ...
スポンサーリンク