基礎知識

基礎知識

フリーランスが知っておきたい「国民健康保険」の基礎知識

フリーランスとして独立したとき、国民健康保険の保険料の高さにビックリしませんでしたか。税金よりもずっと高い金額の納付書が送られてきて、どうやって払おうかと悩んだ覚えがあります。フリーランスが知っておきたい国民健康保険の制度について紹介して...
基礎知識

フリーランスなら「平均課税」で税金が安くなるかも。税額が半分になることもある

ライターや漫画家など原稿料収入がある皆さん、平均課税という制度をご存じですか。平均課税で税金を計算し直すと、所得税の税額が半分以下になることもあります。過去の申告についても、申請をすれば税金が戻ってきます。 原稿料収入のある人だけが...
基礎知識

所得税・住民税の計算に出てくる「所得控除」とは ―見落としがないようにしっかり確認しよう

所得税の計算をするときに、重要になるのが「所得控除」です。申告するときに所得控除の適用を忘れると、本来払うべき税金よりも多くの税金を納めることになります。反対に所得控除のことをしっかり理解すれば、節税することも可能になります。 税負...
基礎知識

消費税の納税額を計算する方法と2種類の課税方式 ―フリーランスなら簡易課税を選べば納税額が安くなることも

年間の売上が1000万円を超えると、フリーランスであっても消費税の納税義務が発生します。消費税を納めることになった人のため、納税額の計算方法を紹介します。消費税の計算方法には2種類あって、どちらを選ぶかで納税額が違ってくるところに注目して...
基礎知識

フリーランスでも売上が1000万円を超えると消費税がかかる ―消費税の納税義務についてしっかり理解しよう

年間の売上が1000万円を超えると、個人事業主であっても消費税の納税義務が発生します。どんな場合に消費税を納税することになるのか、消費税の仕組みを説明するとともに、なるべく納税せずにすむようにする方法を紹介します。 消費税分を受け取...
コロナウイルス関連

住民税や国民健康保険には減免制度がある! 支払い困難ならすぐ相談を!

6月になるとやってくるのが住民税と国民健康保険の通知書です。封筒を開けてみて金額の大きさにビックリしたこと、ありますよね。しかも、初回の納付期限が6月末なので、「いきなり払えと言われてもムリ。もっと早く送ってこい!」と言いたくなります。 ...
基礎知識

フリーランスが「年収」を聞かれたらどの数字を答えるべき?

「フリーランスの年収ってどれくらい?」と聞かれることがありますが、「年収」という言葉が何を指しているのか考えたことありますか? 会社員の年収は額面給与だけど、フリーランスの場合は? 会社員の場合、年収といえば、税金や社会保険料...
基礎知識

フリーランスが知っておきたい「源泉徴収」の基礎知識

源泉徴収とは、会社や個人などが給料や報酬を支払うとき、所得税を天引きして、税務署に納める制度のこと。フリーランスが報酬を受け取るとき、所得税が源泉徴収されていることがあります。 本来は報酬を受け取るフリーランスが確定申告をして所得税...
基礎知識

フリーランスが知っておきたい「住民税」の基礎知識

6月になると自治体(市役所や区役所など)から住民税の通知と納付書が送られてきます。今回は、住民税の基本について解説していきます。 住民税ってそもそも何? 所得税は国に対して納める税金ですが、住民税は地方自治体(都道府県や市区町...
基礎知識

所得税の計算方法を知れば、節税のポイントが見えてくる

フリーランスが節税をしたいと思うなら、税金の仕組みをしっておくべきです。フリーランスの売上のすべてに税金がかかるわけではありません。基本的に、税金は利益に対してかかります。 所得税や住民税、個人事業税は利益に対して税金がかかります...
タイトルとURLをコピーしました