節税

節税

フリーランスにとって領収書は金券のようなものだ

フリーランスにとって領収書は金券のようなものです。必要経費が増えれば、その分だけ所得が減るため、所得に連動して税金や社会保険料が安くなるためです。1000円の領収書がどれだけの価値を持つかは所得の大きさで違ってきますが、所得が900万円を...
節税

個人事業主がふるさと納税の限度額を計算する方法

ふるさと納税で控除額を最大限に利用するための限度額(自己負担2000円にとどまる寄附金の上限)ですが、ネットでよく見かけるのはサラリーマン向けの一覧表ばかりです。フリーランスなどの個人事業主の場合、限度額はいくらになるのか。その計算方法を...
基礎知識

フリーランスなら「平均課税」で税金が安くなるかも。税額が半分になることもある

ライターや漫画家など原稿料収入がある皆さん、平均課税という制度をご存じですか。平均課税で税金を計算し直すと、所得税の税額が半分以下になることもあります。過去の申告についても、申請をすれば税金が戻ってきます。 原稿料収入のある人だけが...
基礎知識

所得税・住民税の計算に出てくる「所得控除」とは ―見落としがないようにしっかり確認しよう

所得税の計算をするときに、重要になるのが「所得控除」です。申告するときに所得控除の適用を忘れると、本来払うべき税金よりも多くの税金を納めることになります。反対に所得控除のことをしっかり理解すれば、節税することも可能になります。 税負...
節税

フリーランスが税金や社会保険料を安くするには? ―年末の今からでもできる節税対策

今年の売上を集計してみたら、思ったよりも金額が大きくて、来年はたくさんの税金や社会保険料を支払うことになりそうだ。そう気付いたのが年が変わる前であれば、まだ対処の方法はあります。年末の今からでもできる節税の方法を紹介します。 税金・...
節税

年末でも間に合う最強の節税手段「小規模企業共済」

 小規模企業共済とは、中小企業の役員や個人事業主(フリーランス)に向けた制度で、自分のための退職金を積み立てるものです。毎月一定額(最大月7万円)を積み立てていき、個人事業を廃業するときや、役員を辞任するときに、共済金を受け取ることができ...
基礎知識

所得税の計算方法を知れば、節税のポイントが見えてくる

フリーランスが節税をしたいと思うなら、税金の仕組みをしっておくべきです。フリーランスの売上のすべてに税金がかかるわけではありません。基本的に、税金は利益に対してかかります。 所得税や住民税、個人事業税は利益に対して税金がかかります...
タイトルとURLをコピーしました